週20時間未満など条件 副業・兼業を4月に解禁 新生銀行

2018.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱新生銀行(東京都中央区、工藤英之代表取締役社長)は、社外の人脈やネットワーク拡大を通じて自社のイノベーション創造をめざし、4月から社員の副業・兼業を解禁した。深夜労働を禁止したうえで、1週当たり20時間などの制限を設けることで長時間労働の防止を図る。入社年次などで制限を掛けることなく、全社員を対象とした。

 副業・兼業の形態は2パターンを想定する。1つは社員自らが事業を起こしたり、他社の役員を兼任する「個人事業型」。もう1つが「他社雇用型」だ。

 いずれの形態においても、長時間労働を防ぐ目的で、労働時間の上限を1週20時間、1カ月30時間未満と定めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月16日第3157号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ