【特集1】メンタルヘルス不調者 治療と仕事の両立支援 事業場が必要な情報とは/小山 文彦

2014.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事業場の抱えるメンタルヘルスの問題のひとつに、不調者の治療と仕事の両立支援がある。担当医、産業医、産業保健スタッフなどさまざまな人との連携がカギとなるが、どのような情報が共有されるべきか。厚生労働省では、調査研究を行っており、東京労災病院勤労者メンタルヘルス研究センター長・両立支援部長、独立行政法人労働者健康福祉機構本部研究ディレクターの小山文彦さんに解説していただいた。…

執筆:東京労災病院 勤労者メンタルヘルス研究センター長・両立支援部長
独立行政法人労働者健康福祉機構 本部研究ディレクター 小山 文彦

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2218号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ