【スポット】VRで墜落災害の恐怖知る 大東建託が現場体験研修会

2018.04.23 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 VR技術を使って墜落を疑似体験――。大東建託㈱(本社=東京・港区)は3月19日、さいたま市内の賃貸住宅建築現場で「現場体験型研修」を開催した。2012年から続けている同研修だが、今回初めてVR技術を導入。高所からの墜落を擬似体験することで、落ちることの“恐怖”を知る。当日は、約10mの高所からマネキンを落下させ、地面に衝突したときの衝撃を確認する実験や、実際に胴ベルト型とハーネス型の安全帯を着用して、体にかかる圧迫を感じる体験も行った。(編集部)

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月15日第2304号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ