派遣労働者との紛争防止へ手引 派遣元向けに厚労省

2018.04.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、派遣労働者と派遣元事業者の労使トラブルを未然に防止するため、派遣労働者に適用される就業規則作成時の留意点をまとめた手引書を作成した。雇用契約の更新を巡る紛争が少なくないことから、就業規則に更新の有無や更新基準を明記するようアドバイスしている。

 同手引では、契約の更新・解除や派遣先での勤務態度、賃金、年次有給休暇など派遣労働者とのトラブルがめだつ項目について、就業規則における対応を提示した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月9日第3156号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ