【特集】胴ベルト型安全帯は限界!? 「ハーネス型」使用促進のすすめ・下

2014.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一口にハーネス型安全帯といっても、さまざまな種類とそれに応じた機能がある。今号では、ハーネスの基礎知識や問題点、厳格な欧州安全規格などについて解説する。万が一墜落し宙づりになった場合、欧米では必須のレスキューが日本ではまったく想定されていないことから、菊一所長は救出方法の検討をするよう求めている。…

執筆:みなとみらい労働法務事務所 所長 菊一 功(元労働基準監督署長)

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月15日第2204号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ