【特集2】手づくりの体感教育が好評 社員、協力会員約1500人参加 三大災害防止をテーマに/大東建託㈱

2014.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大東建託㈱(本社=東京・港区)では、自社に合った安全体感教育を構築。「現場体験型研修会」として、全国的に実施している。墜落・転落、重機、崩壊・倒壊といった建設業の三大災害防止を中心とした教育メニューとなっており、具体的には実際に重機の運転席に座っての死角確認、上空より人形を落下させる墜落体験、実際に安全帯に吊られた状態の体験などがある。研修会は危険を身近に感じ、感受性を高めるために施工中の現場で行っている。昨年は全国39会場で実施し、社員、協力会社社員約1500人が参加。「実際に危険が肌身で感じられる」と参加者から好評を得ている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月15日第2202号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ