外食産業の労災防止向けシンポ 労働科学研究所

2018.03.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大原記念労働科学研究所(濱野潤理事長)は、外食産業の健康・安全対策に力を入れている。このほど、3年間の取組みを振り返るシンポジウムを開き、「ちゃんこ屋鈴木ちゃん」の鈴木昌平店長が講演を行った=写真

 同研究所が進める、グループワークや改善計画の作成・実施などを取組み内容とする「参加型職場環境改善手法ツール」の実験を行ったのが同店。学生アルバイト30人と実施した職場内での検討会では、居抜き物件ならではの不便さを指摘する声が相次いだと指摘。「階段の足元が暗い」「バックヤードの空気が悪い」などで、それぞれセンサー式ライトや扇風機の設置といった対策を講じ、転倒や熱中症といった労災防止につなげた。

 同ツールは来夏の実用化を予定している。

平成30年4月2日第3155号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ