過労自殺 7000万円賠償命じる 労災は不支給が確定 大阪地裁

2018.04.17 【労働新聞】

行政と民事で判断割れる

   調理師として働いていた労働者の自殺は過労が原因として、遺族が㈲黒門小雀弥(大阪市中央区)と同社の経営者を訴えた裁判で、大阪地方裁判所(北川清裁判長)は安全配慮義務違反を認め、約7000万円の損害賠償を命じた。遺族は労災請求もしていた。管轄の大阪西労働基準監督署は不支給を決定、その後の行政訴訟でも同地裁(内藤裕之裁判長)により請求棄却されている。行政訴訟と民事訴訟で判断が分かれた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年4月16日第3157号4面

あわせて読みたい

ページトップ