手数料を不当徴収 紹介事業者へ初処分 佐賀労働局

2018.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

画像はイメージです

 佐賀労働局(松森靖局長)は求職者から不当に手数料を徴収したとして、有料職業紹介事業者の美鈴会(佐賀県嬉野市)に1カ月の事業停止と業務改善を命令した。同労働局が有料職業紹介事業者を行政処分するのは初めてである。

 美鈴会は個人事業主として、嬉野温泉のホテル・旅館に配ぜん人を日々紹介であっせんしている。職業安定法では、求職者からの手数料徴収を原則禁止している。

 例外として、配ぜん人やモデル、家政婦などは1件につき690円(消費税が課税されない免税事業者は660円)の徴収が認められているが、同じ求職者に月3件を超える紹介を行った場合、3件に相当する額を限度としなければならない。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月2日第3155号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ