サポーター企業集い腰痛防止へ 佐賀労働局

2019.07.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 佐賀労働局(菊池泰文局長)は、新たに「転倒・腰痛防止令和プロジェクトSAGA」をスタートさせた。

 同プロジェクトでは、同労働局管内の事業所を対象に転倒・腰痛防止サポーター企業を募集している。賛同企業には、企業名を公表するほか、メールなどで同労働局が収集した好事例を発信していく。企業の取組み事例も募集するとした。

 また、腰痛防止に向け、仕事始めや作業の合間にわずか3秒間で行える「これだけ体操」を作成、朝礼での習慣化などをサポーター企業に呼び掛けていく。転倒防止関係では、リーフレットを作り、作業に適した靴の着用と靴底の点検を求めている。

 同プロジェクトは、地域全体で災害予防の機運を高めていくことが目的。平成30年の労災発生状況をみると、転倒災害が299人と対前年比26%増、腰痛災害を含む動作の反動・無理な動作が199人で9%増と増加傾向にある。

関連キーワード:
令和元年8月5日第3219号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ