地位の濫用を懸念 労政審で連合

2018.03.13 【労働新聞】

 金融庁が銀行の付随業務に人材紹介業務を明記する件で、連合の担当者は2月26日、労働政策審議会の部会で、銀行の優越的地位の濫用危惧について「懸念」を表明した。

 厚労省の事務局は、同庁のパブリックコメントに対する意見等を踏まえ同庁と連携して取り組むと述べた。

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成30年3月12日第3152号4面

あわせて読みたい

ページトップ