“優越的地位”濫用防止を 銀行の人材紹介業務で 連合・金融庁に意見

2018.03.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 金融庁が監督指針の改正で銀行本体の付随業務の1つに「人材紹介業務」を明確に位置付けようとしている件で、連合は2月22日、同庁のパブリックコメント募集に意見を提出した。人材紹介業の名の下に、優越的地位を利用した人員削減などの弊害が生じない措置を講じるよう求めている。

 2003年の職業安定法改正で削除された「兼業禁止」規定は、料理店や飲食店、旅館、古物商、質屋業、貸金業、両替商その他これらに類する営業を行う者が、職業紹介事業を兼業してはならないとしていたもの。労働者の衣食住と密接に関係する事業者が職業紹介事業を兼業すると、中間搾取や強制労働、人身売買等の弊害が生じやすい懸念があるとして設けられていた規定だが、情勢の変化に対応して削除した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月5日第3151号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ