販売員確保へ無期化 4月前に契約見直し アパレル2社

2018.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働契約法の改正に伴い、通算5年を超えて同一の職場で働く非正規労働者が本人の申出に基づき無期雇用に転換することができる、通称「無期転換ルール」の施行が来月に迫るなか、アパレル2社が販売員を中心に有期契約労働者の無期転換を図ることが分かった。業界内では販売員の人材不足が深刻で、人材を確保することを狙う。

 ㈱レナウン(東京都江東区)は3月から、日給月給制で働く通称「スペシャリストセラー」1000人のうち、希望者全員を無期転換する。転換後は名称を「販売社員」と改める。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月12日第3152号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ