大丸松坂屋百貨店 新雇用区分を6月から導入 多様な価値観に対応

2017.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

1年勤務で無期転換も

 J・フロント リテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は、2つの新たな雇用区分を6月1日に立ち上げた。職責の高い部長以外で転勤を望まない社員が選択できる「社員(エリア限定)」と、勤続満1年を経過した1年単位の有期契約社員(パートナー)が転換できる無期雇用区分の「専任社員」の2つ。多様な価値観に応えられる環境整備を通じて、個々の自律的な働き方と会社の成長につなげる狙いだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月10日第3120号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ