【トピックス】安全保持へJV5社が相互パト 南蒲生浄化センター災害復旧工事

2014.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「安全部」設け専任者配置 全職員・作業員に月例教育 墜落防止へハーネス型安全帯

 わが国最大規模の下水処理場・仙台市南蒲生浄化センターの水処理施設の建設は、早期復旧を最重要課題としながら安全最優先で進行している。工期、工事環境、資機材確保、労務事情のいずれも厳しい条件下にあるのだが、新工法採用と独自の安全管理施策が課題クリアを現実のものとしているようだ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月1日第2203号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ