【トピックス】宮城・気仙沼ブロック(南三陸処理区) 廃棄物処理を効率・安全の両立で推進 東京労研が中間処理施設を視察

2013.10.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東日本大震災によって大量に発生した廃棄物の処理作業が今なおつづけられている。被災地域から撤去・搬出されてきた混合がれき、土砂、解体物等々を選別・洗浄・破砕のあと再生処理を施してリサイクル率の向上へとつなげていく――。その諸工程にたずさわっている宮城県・気仙沼ブロック(南三陸処理区)の中間処理施設を建設労務安全研究会(東京労研)の一行が視察、処理現場の状況をつぶさに見て回った。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月1日第2195号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ