【トピックス】委員会運営の悩みを解決 マンネリ化防ぐには? テーマ持たせ、発言増やしては/神奈川労働衛生研究会

2013.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「最近、安全衛生委員会が上手く回せてない……」「参加者に関心を持ってもらうにはどうしたらいいの?」――と、似たような悩みをお持ちの人はいないだろうか。神奈川労務安全衛生協会の会員事業場を中心メンバーに活動している神奈川労働衛生研究会では、こうした担当者の悩みにこたえるため、「安全衛生委員会の効果的な進め方ポイント集」を作成中だ。事例集は実例をもとにしたQ&A形式で、例えば委員会運営のマンネリ化に対して、「テーマを持たせて運営し、発言の場を増やした」「衛生講話を毎回実施した」など、事業場が取った解決方法を紹介している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月15日第2178号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ