【フォーカス】竹内製作所 “狭き門”でも年収大幅増

2018.03.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

非正規へ登用試験 推薦不要で再挑戦もOK

 ㈱竹内製作所(長野県埴科郡、竹内明雄代表取締役社長、連結691人)は、1年以上勤務する非正規人材を対象に、誰でも何度でも挑戦可能な正社員登用試験を運用している。合格率15%弱という“狭き門”ながらも、晴れて正社員となった人材は年齢相応の格付けで処遇。新たに賞与・退職金も適用されるため、年収ベースでは百数十万円のアップとなる場合も――。一方で試験を通して評価された実力によっては、不合格でも時給アップを行う。新卒採用、キャリア採用に次ぐ第3の獲得ルートとして活用している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月5日第3151号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ