定年を65歳で統一 賃金ピーク後は年俸制 ミネベアミツミG

2018.03.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ベアリングやモーターなどの電子機器部品を製造しているミネベアミツミグループは4月から、ミネベアミツミ㈱(長野県北佐久郡、貝沼由久代表取締役会長兼社長執行役員)など国内のグループ全社の定年を65歳に統一する。これまで各社でバラバラだった定年を一律にすることで、グループの一体感を高める。

 各社とも65歳まで働ける再雇用制度を導入していたが、定年が異なっている。たとえばミネベアミツミでは、定年を62歳とし、2016年度は希望者37人を再雇用していた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年3月5日第3151号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ