年休取得促進がES向上達成に 宮崎社労士会・講習

2018.02.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮崎県社会保険労務士会(橋口剛和会長)は同県内3カ所(延岡・宮崎・都城市)で「人を大切にする経営」をテーマとするセミナーを開催した。各会場には人を大切にする経営を実践する企業の代表を招き、事例発表が行われた。

 宮崎会場ではKIGURUMI・BIZ㈱の加納ひろみ代表取締役が登壇(写真)。同社は従業員から「残業が多く、子供に出来合いのものしか用意してあげられない」との声が挙がったことをきっかけに、残業削減、年休取得促進などの取組みを始めた。従業員の満足度を向上させた結果、顧客満足度の向上にもつながったという。

平成30年2月19日第3149号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ