チェックリスト作成 育休対応しっかりと 社労士サミット

2017.10.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

  日本人事労務コンサルタントグループは、㈱労働新聞社など5社協賛の下、社労士サミット2017を開催した=写真

 社労士8人が、社労士業界の今後の展望や営業戦略などを解説した。ドリームサポート社労士法人の安中繁社労士は、「社労士が企業に対し育児休業関連の支援をする際は、育児休業給付金や健康保険料免除の申請など対応すべき手続きをまとめたチェックリストを用意すると漏れがなくなる。対応項目をまとめてパッケージ化し、料金表を作成することで、企業も必要な支援を選びやすくなる」とした。

平成29年10月16日第3132号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ