選ばれ続ける存在めざそう 社労士サミット

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 人事労務コンサルティング業の日本人事労務コンサルタントグループ(愛知県名古屋市)は、社会保険労務士の活躍を推進するため、「社労士サミット2013」(協賛・労働新聞社ほか)を大阪市内で開いた=写真。社労士として企業を活性化する方法などの講演のほか、社労士業界の方向性に関するパネルディスカッションを行った。

 パネルディスカッションで長沢有紀アドバンス社会保険労務士法人代表は、「未だに業界の状況は厳しいが、社労士の役割や可能性は広がっている。選ばれ続ける社労士にならなければならない」と主張した。

平成25年4月1日第2915号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ