多様な働き方に合う就業規則を 社労士が”サミット”

2015.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社会保険労務士法人名南経営が運営する社労士事務所集団の日本人事労務コンサルタントグループ(小山邦彦主宰)は、大阪市で時代の変化に合わせた就業規則の整備に向けたイベントを催した=写真。社労士や弁護士4人が講演を行った。会場には、社労士など約130人が参集している。

 女性活用や長時間労働抑制の圧力が強まるなか、定期的な転勤や残業を前提とする従来の働き方が難しくなっているため、転勤の有無などを基準とした多様な働き方を選べるようにすべきとした。その際、待遇や労働環境が不当に異ならない人事制度や就業規則が必要と指摘している。

関連キーワード:
平成27年8月24日第3030号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ