非定常作業の災害防止へガイドライン見直し案 自動生産設備対策で中災防

2016.03.30 【労働新聞】

 中央労働災害防止協会は、自動車製造業などの労働災害減少に向けて、「自動生産システムの非定常作業における安全対策のためのガイドライン」の見直し案を取りまとめた。厚生労働省が同ガイドラインを策定してから15年以上経過していることに加え、突発的な異常処置作業など非定常作業時の災害が多発していることが背景にある。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年3月28日第3058号2面

あわせて読みたい

ページトップ