鉄鋼業トラブル対処作業 二重の安全措置徹底を 中災防

2014.03.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

隣接設備も動力遮断 ガイドラインに見直し案

 中央労働災害防止協会は、鉄鋼業の労働災害防止に向けて、「鉄鋼生産設備の非定常作業における安全衛生対策のためのガイドライン」の見直し案を明らかにした。突発的トラブルの対処作業や点検・修理作業において作業関係者の取るべき対策を示したもので、生産設備の運転を停止した上で、隣接する設備の動力源の遮断やストッパーの取付けなど、二重以上の安全措置を徹底するよう求めている。作業中に計画と異なる事態が生じた場合は直ちに作業を中断し、作業手順の見直しを行うとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月17日第2961号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ