危険作業の機械化促す 厚労省 肌落ち災害防止で指針改正 

2018.02.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「山岳トンネル工事の切り刃における肌落ち災害防止に係るガイドライン」を改正した。現在切羽へ立ち入って作業を行うことが多い装薬作業の遠隔化や、支保工建て込み作業の完全な機械化を進めることを盛り込んでいる。また、切羽監視責任者は専任とすることを明確にしている。…

 

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ