高圧室業務の溶接に特例 厚労省 安衛則一部改正へ 一定条件満たす場所なら 

2018.02.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省労働政策審議会は、「高気圧作業安全衛生規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」を「妥当」と答申した。これまで高圧室内業務での溶接作業は火傷などの危険から規制されていたが、今回の改正により、潜かん内を混合気体で満たして酸素分圧を調整しながら溶接作業を行う「ドライチャンバー工法」が実施できるようになる。酸素分圧が一定の範囲内に収まる場所で、内部の気体が酸素、窒素、ヘリウムである場所が条件としている。同工法は、海底パイプラインの敷設などで用いられているもので、水中溶接と比べて高品質の溶接が可能であり、海外ではすでに実用化されている状況にあった。速やかに省令の改正作業を進めるという。…

 

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ