総額1万1千円等 交通労連の18春闘

2018.02.14 【労働新聞】

 交通労連(山口浩一中央執行委員長)は、18春闘方針を確立した。

 「トラック部会」は、組合員一人平均1万1千円中心。「軌道・バス部会」は定昇相当分3700円プラス今後の消費増税等を織り込んだ賃金目減りの補填分4300円以上などを促す。

掲載 : 労働新聞 平成30年2月12日第3148号4面

あわせて読みたい

ページトップ