平均で1万1千円 交通労連と同率・同額 運輸労連・賃上げ要求案

2018.01.05 【労働新聞】

 運輸労連(難波淳介中央執行委員長)は、定昇相当分1.5%と賃金改善分(格差是正分を含む)3.0%を加えた4.5%を所定内賃金に乗じた金額を18春闘で統一要求する「構想」をまとめた。産別としての平均要求の基準は1万1千円中心で、個別賃金要求の基準は17万2500円。他産業との格差是正を考慮し、18歳高卒初任給の参考目標値として示した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年12月25日第3142号4面

あわせて読みたい

ページトップ