高速利用に理解を 運送業の法令順守へ手引 国交省

2019.01.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国土交通省は、「トラック運送サービスを持続的に提供可能とするためのガイドライン」を取りまとめた。労働基準関係法令などを遵守しながらトラック運送機能を安定的に供給するために必要な荷主・運送事業者の取組みを提示している。

 ガイドラインでは、運送事業者が労働時間等改善基準告示を遵守するためには、荷待ちや荷役時間の長時間化の抑制と、高速道路の利用による運転時間短縮などについて、荷主側の理解・協力が重要と指摘。対応例として、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月28日第3194号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ