看護職員の不足顕著に 医師会総研

2018.02.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本医師会のシンクタンクである日本医師会総合政策研究機構(横倉義武所長)は、看護職員の採用に関するアンケート調査を実施した。看護職員が「不足している」または「不足することがよくある」と答えた医療機関が7割近くに上り、深刻な人材不足が浮き彫りになっている。

 調査は昨年5~6月、3975施設を対象に実施し、844施設の回答を集計した。

 看護職員の充足状況をみると、「問題ない」とした施設は全体の33.3%で、「不足している」が27.8%、「今は足りているが不足することがよくある」が38.9%だった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月29日第3146号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ