施設の清潔さがカギ 女性バス運転者確保で 北陸信越運輸局

2017.08.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 施設の清潔さが確保のカギに――北陸信越運輸局がこのほど開いた「バス運転者確保対策会議」で、女性運転者に実施した労働環境に関する調査結果が明らかになった。調査は書面による無記名形式で、148人に用紙を配り84人から回答を得ている(回答率60.9%)。

 それによると、勤務先の施設について尋ねた項目では「満足」「ある程度満足」の合計が6割に上った。一方で、個別意見では「トイレが汚くて使いたくないから我慢している」「横になっていると体がかゆくなる」「更衣室がなく、トイレで着替えている」「こたつやテレビが欲しい」といった不満や要望が噴出している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年8月14日第3124号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ