採用活動へ投資する企業は2割 関西・中小企業

2018.10.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 人手不足を訴える一方、採用への積極投資を進める企業は2割――関西2府4県の中小企業家同友会がまとめたアンケート調査から、こんな結果が分かった。調査は今夏に実施し、1532社から回答を得ている。

 「人員が充足していない」とする企業は63.3%に上った。人材の採用・定着に向けての取組みを複数回答で尋ねると、年休取得促進などを指す「働く環境の改善」が62.0%とめだつ。「採用活動への積極投資」「採用に向けた広報強化」はともに19%台と低調。

平成30年10月29日第3182号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ