【スポット】”かとく“が大手小売業を送検 人手不足から長時間労働常態化 発足1年で全国3例目に

2016.03.19 【安全スタッフ】

 過重労働撲滅対策班、通称「かとく」が東京、大阪の労働局で立ち上がってから早1年。今年1月28日には、東京労働局のかとくが大手ディスカウントストアの㈱ドン・キホーテを、労働基準法違反の疑いで東京地検に書類送検した。強制捜査の結果、店舗では人員不足から長時間労働が常態化し、3カ月で415時間もの残業を行わせていたことが発覚。労務管理の手が行き届いていなかったことを認め、会社として労務管理に真剣に乗り出している。人事や予算の決定権を持たない店舗レベルでは改善が難しい。「トップダウンによる改善を」と、かとく所属の監督官は強調する。かとくによる書類送検は昨年の㈱ABCマート、㈱フジオフードシステムに続く3例目。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年3月15日第2254号

あわせて読みたい

ページトップ