夏季は書類簡素化を 上限規制遵守へ提言 北海道建設業協会

2018.01.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人北海道建設業協会(岩田圭剛会長)は、労働基準法の改正によって時間外労働の上限が規制されることを踏まえ、夏季に発注者へ提出する書類の簡素化を求める提言をまとめた。北海道開発局との意見交換会で提示したもの。北海道の建設業は雪の影響で冬季は屋外での土木作業がほとんど行えず、日没までの時間が長い夏季に屋外作業を集中的にせざるを得ない。法令遵守に向け、夏季における現場技術者の書類作成業務の負担軽減が必要とみる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第3144号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ