賃金改善案2年分 65歳現役社会の議論も 基幹労連18春闘

2017.12.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2年分の賃上げ交渉を行う独自の運動を展開する鉄鋼・造船・非鉄金属関係企業の労働組合でつくる基幹労連(神田健一中央執行委員長)は12月6・7の2日間、群馬県で開催した中央討論集会で、18年度「3500円」、19年度「3500円以上」とする賃金改善要求の基準を提起した。

 18春闘は、大手の総合組合が賃上げ交渉を行う2年サイクルの基軸年で、神田委員長は冒頭、「働く者の活力発揮、先を見据えた優秀な人材の確保、内なる好循環を社会にも広げる必要があると判断し、賃金改善要求を行っていく」とした。

 格差改善に軸足を置く2年目の要求に「以上」の文字を付けたのは、時々の経済状況に柔軟に対応できるようにすることが目的。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年12月18日第3141号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ