【特集1】「TPT福島PRIDE」で一体感 協力会社と対話を通じルール定着 作業班長の表彰がやる気上げる 東京パワーテクノロジー福島原子力事業所

2017.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京電力ホールディングス㈱福島第一原子力発電所(以下、第一原発)で廃炉に向けた工事を請負う東京パワーテクノロジー㈱福島原子力事業所(福島・大熊町)では、「TPT福島PRIDE」を掲げ、協力会社との一体感を醸成しながら安全・品質の取組みを強化している。事業所トップと協力企業作業員との対話を通じてルール定着を図り、現場密着の安全指導では好事例を褒賞するグリーンカード、作業班長の表彰といった活動で、協力会社の安全水準とモチベーションを高揚させている。今年10月には1年間の人身災害ゼロも達成した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月15日第2296号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ