【特集1】ルール順守に事故を漫画で 鹿島建設と土木編を製作中/高幸建設

2014.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新人が入社し、定年退職者が出るのはどこの会社でもある。ここで問題なのが、事故の記憶が薄れ、組織として安全意識の低下が予想されることだ。高幸建設㈱では事故事例を基に漫画で事故の記憶を風化させない手段を取っている。すでに、軌道工事編が完成しており現在、鹿島建設㈱東京土木支店と共同で土木編を製作中だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月15日第2202号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ