【特集1】KYを出前します 協力会社へ教育を なぜ今、必要なのかを問いかけ/三井化学 大阪工場

2013.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 危険予知(KY)の重要性は安全担当者なら誰でも分かっているが、「定着しない」「マンネリ化を解消したい」といった声をよく耳にする。三井化学㈱大阪工場では、「KY出前教育」というユニークな名称で、協力業者などを対象に新しい危険予知活動の取組みを進めた。マンネリ化などKYに関して頭を抱える会社には参考になるところが少なくない。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月1日第2199号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ