土木工事の災害頻発事例を解説 都下水道局講習会

2017.12.19 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京都下水道局は11月1日、平成29年度下水道工事安全管理者講習会を都庁第一庁舎で開催した。

 特別講演として労働安全衛生総合研究所リスク管理研究センターの高木元也センター長=写真=が、土木工事の死亡災害上位事例を解説。「重機にひかれる・はさまれる」などの頻発事例について、旋回やバック時のヒューマンエラーを防ぐための監視人や誘導員の配置の必要性を強調した。

 会場では、約1000件の工事現場から選ばれた安全管理優秀現場16現場を表彰し、現場の安全対策の事例発表も行われた。

関連キーワード:
平成29年12月15日第2296号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ