WLB推進へ手引き 休暇取得状況を可視化 九州

2017.12.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 九州地方と山口県、沖縄県の知事などで構成する九州地域戦略会議は、ワーク・ライフ・バランス(WLB)推進に向けた手引きを作成した。

 同手引きでは、企業の好事例18社を掲載。佐賀県の製造業である聖徳ゼロテック㈱(古賀鉄夫代表取締役)では、従業員の休暇申請書を掲示板に貼り出し、誰がいつ休むのか分かるよう可視化した。また、多能工化を進め、各従業員にかかる業務の負担を平準化する取組みも行っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月4日第3139号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ