「技術」定義見直しを 外国人材の受入れ拡大へ 日商意見

2017.12.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本商工会議所(三村明夫会頭)は、「今後の外国人の受入れのあり方に関する意見」を取りまとめた。積極的に外国人材を受け入れるため、就労が認められる在留資格の早急な検証・見直しが必要と主張している。

 在留資格「技術・人文知識・国際業務」について、「技術」の定義を見直し、新たな視点で「技術」のあり方を検討するよう訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月4日第3139号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ