技術・人文は14%増 外国人在留資格を集計 法務省

2017.11.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 法務省の集計によると、平成28年に専門的技術や知識などを活用して日本の企業に就職する目的で在留資格「技術・人文知識・国際業務」の在留資格認定証明書の交付を受けた外国人が前年比13.8%増加し、2万5888人に上ったことが分かった。

 交付を受けた人数を国籍別にみると、多い順に、中国5716人(前年比9人増)、韓国3124人(660人増)、ベトナム3075人(606人増)、インド2452人(168人増)などとなり、韓国とベトナムが大きく伸びている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月27日第3138号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ