災害多発企業 改善指示の基準策定へ 悪質な企業は公表も視野 3年間に2回以上繰り返しで 厚労省

2013.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、労働災害を繰り返し発生させた企業に企業単位で改善を求める制度の素案をまとめた。基準として示したのは、「3年間に2回以上発生させた」「起因物が同じで災害の型が同じ」「死亡または障害等級7級以上の重大な災害」などで、要件に該当していながら改善を怠っていた企業へ安全衛生管理の改善を指示する。計画の作成指示を無視した場合には必要な措置をとるよう厚生労働大臣が勧告し、最悪の場合は企業名の公表にも踏み切るとした。今後労使による議論を経て、安衛法改正案のもととなる分科会報告書を取りまとめる。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月1日第2199号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ