222現場で違反見つかる 建設業の死亡災害増受け 東京労働局が一斉監督

2015.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(西岸正人局長)は、墜落・転落防止対策の点検を重点に都内336カ所の建設現場を一斉監督した。全体の3分の2に当たる222現場(66.1%)で労働安全衛生法違反が発覚したため是正指導している。重篤な災害につながる足場や高所の作業床などからの墜落・転落防止に関する違反が135現場(40.2%)と目立ち、そのうち安衛法第98条に基づく作業停止などを命令する行政処分を行ったケースが62現場(18.4%)に上っている。

 足場や高所の作業床などからの墜落・転落防止に関する違反があった135現場中105現場では、足場などに手すりなどの墜落防止措置を講じていなかったほか、22現場では、従来の手すりに加え平成21年6月1日の労働安全衛生規則改正で義務化された中さん、下さんなどを設置していなかった。

 同労働局は、今後建設工事現場に対する監督指導を重点的に行うとともに、リスクアセスメントの導入に関しても積極的に指導していく。

 東京労働局管内の建設業における死傷災害は、平成26年1年間で1502件となり、前年に比べて2.0%増加、このうち死亡災害は35件となり、前年比29.6%と3割近い増加となっている。

平成27年9月1日第2241号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ