抜き打ち一斉監督で半数以上に法違反が 神奈川労働局

2014.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局(水野知親局長)は、墜落・転落による死亡災害の多発を受け、県内117の建築工事現場に対し、抜き打ちによる一斉監督を行った。55.9%に当たる99現場で労働安全衛生法違反が発覚したため是正指導している。

 今年8月の「建築工事現場における墜落・転落災害強化月間」の取組みの一環。建設業における死亡災害の報告数は9件(8月末現在)と前年と同水準で、足場の組立てや解体作業中の墜落災害が目立っている。

 主な違反内容をみると、元請事業者の安全衛生管理面に関する違反が82現場(46.3%)とトップ。次いで墜落・転落防止の措置が講じられていないケースが56現場(31.6%)と3分の1を占めた。作業停止命令等の行政処分は22現場に上った。

平成26年11月1日第2221号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ