【スポット】「重点事業所指定制度」が効果 現場パトロールを実施 所轄労基署のサポートも/全船安

2016.02.19 【安全スタッフ】

 造船所の安全管理水準向上を図る全国造船安全衛生対策推進本部(以下、全船安)は、労働災害を起こした会員企業に対し「重点事業所指定制度による指導・支援」を行っている。福岡造船㈱長崎工場は、平成26年11月から同制度の指導対象。指定解除を本年3月に控え、昨年12月16日、全船安は同工場の「本部特別点検」を実施、現場をパトロールした。全船安の要請で、長崎労働基準監督署も指導やパトロールに参加。所轄労基署、業界団体が一体となって労災撲滅のためのノウハウを伝授し、効果を上げている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年2月15日第2252号

あわせて読みたい

ページトップ