安全経費の別枠計上普及へ 工事額に占める割合は約1割 鉄橋工事でコスト検証 建災防

2014.07.01 【安全スタッフ ニュース】
  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は、「建設工事費における安全衛生経費『費目総括表』の妥当性、実用性等についての検証結果報告書」をまとめた。工事現場で着工から竣工までにかかった安全衛生経費を費目ごとに積み上げ、鉄道高架橋工事では工事金額61億5300万円のうち約6億8400万円(11.1%)になると計算。工事金額の1割程度に相当するという結果を示した。建災防では、建設業の競争激化が安全衛生にかけるコストの縮小につながると懸念しており、安全経費の別枠計上実用化に向けた研究を進めてきた。今回の検証結果では別枠での経費積み上げについて「妥当性を実証できた」としている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月1日第2213号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。