リスクアセスの導入手引き作成 豊田労基協会

2014.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知・豊田労働基準協会(牟田弘文会長)は「リスクアセスメント 上手に進める虎の巻」と題するマニュアルを作成した(4月1日号トピックス欄参照)。導入を図ろうとする企業の入門書といえるもので、経営者が理解しておくべきポイントや現場での悩みをQ&A方式で分かりやすく解説している。

 例えばQ&Aでは「リスクアセスメントにやらされ感を感じます」といった質問に対し「実施してくださいとお願いしているのではなく、トップ(社長)からの業務指示として実施させなければなりません」と明確に回答。実際にリスクアセスメントを導入した企業の経験がベースになので、現場に近い内容になっている。問い合わせは☎0565-28-9411。

関連キーワード:
平成26年5月15日第2210号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ