死亡の9割が非定常作業 災害別に新たなリスク対策示す 化学設備ガイドライン見直し案 中災防

2015.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、「化学設備の非定常作業における安全衛生対策のためのガイドライン」の見直しに向けた調査研究報告書をまとめた。死亡災害の9割が非定常作業で発生している実態や、爆発火災事故が相次いでいる近年の現状を踏まえたもので、新たに5つの災害類型別にリスク低減措置の優先順位と具体的な対策事例を盛り込んでいる。作業計画書の作成では、すべての関連部門に情報が行きわたるよう「関係者の相互連絡、確認」の項目を追加。定期的なパトロールの重要性も打ち出している。ガイドライン見直しのたたき台として近く厚労省に働きかける予定だ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月1日第2231号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ